History of AVIRIVA

~2002

「The-0(ジオ)」プロトモデルでアルペンレースシーンに参入。

これをベースとしたモデル名「H003」の開発を2003年よりスタート。

2004-2005

2003-2004シーズンの選対活動を経て、アッパーカフに「バイインジェクション(2種樹脂成形)」構造を採用し背面剛性を高めた「The-0(ジオ)」モデルデビュー。

サイズは、6&7シェルのみ。

<LineUp>

Type-R(レーシング)

Type-D(デモ)

Type-S(スポーツ)

2005-2006

ダブルアクションレーバーバックル採用の前シーズンモデルを継続し、一般向けモデルとしてRODEO(ロデオ)をデビュー。

<LineUp>

Type-R(レーシング)

Type-D(デモ)

Type-S(スポーツ)

RODEO(フリー)

2006-2007

レーシングとデモモデルにラウンドタイプのダブルアクションレーバーバックル採用。5シェルの開発開始。

<LineUp>

Type-R(レーシング)

Type-D(デモ)

Type-S(スポーツ)

RODEO(フリー)

2007-2008

5シェル(24cm)デビュー。

ロアシェルとアッパーカフに異硬度の樹脂を採用したType-X登場。

<LineUp>

Type-X(レーシング&デモ)

Type-R(レーシング)

Type-D(デモ)

Type-S(スポーツ)

RODEO(フリー)

2008-2009

デビュー以来採用していたフローテックインナーの最終シーズン。

8シェル(27cm)登場で24.5~27.5cmの展開へ。

<LineUp>

Type-X(レーシング&デモ)

Type-R(レーシング)

Type-D(デモ)

Type-S(スポーツ)

RODEO(フリー)

2009-2010

インナーブーツを新たに企画し、フローパット使用インナーからノーマルパットへ変更。

ロアシェルの爪先形状を変更しフレックス表記にモデル名見直し。

<LineUp>

150/140/120/110

RODEO(フリー)

軽量アルミバックル採用の一般向けモデル「100」登場。

2011年よりモデル名「H011」(HORNET)の開発スタート。

<LineUp>

150/140/120/110/100

RODEO(フリー)

2010-2011

2011-2012

インナーブーツの使用材料と形状を変更する。

後のH011モデル(ホーネット)に使用するインナーブーツの原形となる。

150&140には、リングタイプのDカンを使用して、よりレーシングに特化させた。

<LineUp>

150/140/120/110/100

2012-2013

バイインジェクション採用アッパーカフモデルの最終シーズン。H003(The-0)モデルの集大成となる。

インナーブーツは、翌シーズンデビューのH011を見据えた企画となる。

H011プロトモデル&テスト樹脂(のちのSUPER HORNET )を使用し全日本スーパーGで4位の成績をおさめる。

<LineUp>

150/140/120/110/100

2013-2014

AVIRIVA(アヴィリーバ)ブランドHORNET(ホーネット)登場。

H003(The-0)モデルは、シングルインジェクションにモデルチェンジして一般モデルで再デビュー。

<LineUp>

HORNET150/130/110

The-0 120/100

-20℃から+23℃まで硬さが変化しない樹脂「TEMPLAST(テンプラスト)」を採用した「SUPER HORNET(スーパーホーネット)」登場。フレックス「100」もデビュー。

H003(The-0)モデルは、最終シーズン。ジュニアレースシーンでは、ジュニアオリンピックGS2位の実績も残したモデルでした。

<LineUp>

SUPER HORNET

HORNET150/130/110/100

The-0 120/100

2014-2015

2015-2016

フレックス「90」が登場。

変わり種では、本革インナーモデルが登場。1年だけの希少モデル。

<LineUp>

SUPER HORNET SUPER HORNET/F

HORNET150/130/110/100/90/prof.

4シェル(23cm)登場。

フレックスボトムを100と90の一般向けモデルに採用。

<LineUp>

SUPER HORNET QUEEN HORNET

HORNET170/150/130/110/100/90

2016-2017

ソールの高剛性を成していたダブルボトムをインスペクター構造に変更。

ポリウレタン樹脂モデルをミックスから単体使用に変更。

<LineUp>

SUPER HORNET-R/-S

HORNET R170/R150/R130/R110/S120/S100

2017-2018

コンペモデルの肉厚を維持しつつ、片足2kgを切る超軽量モデルが「SL(スーパーライト)」として登場。

<LineUp>

SUPER HORNET-R/-S

HORNET R170/R150/R130/R110/S120/S100/SL

2018-2019

前シーズン登場の「SL」が「AIR HORNET(エアホーネット)」としてデビュー。一般アスリート向けにフレックス「120」が登場。

<LineUp>

SUPER HORNET135/125

HORNET150/130/110/100

AIR HORNET120/100

2019-2020

2020-2021

HORNET(ホーネット)の代名詞フルフラットな「ダブルボトム」が復活!フローパットインナーも「コルクフロー」として復活!!今シーズンより登場のWCR & WCに採用。

世界初!?個人対応のネーム入れサービス導入。

<LineUp>

SUPER HORNET

HORNET WCR/WC/150/130/110

AIR HORNET120/100

0745-44-1008

©2018 by AVIRIVA. Proudly created with Wix.com